FC2ブログ

男の料理に挑戦!!と諸々のこと

挑戦した料理のレシピや食に関することや諸々のことを書いているブログです。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

プロフィール

ダンキュイジ

管理人:ダンキュイジ
関東在住の会社勤めしている男です。
挑戦した料理や食に関することを書いています。
どうぞよろしくお願いします。

免責事項

ブログカテゴリー

全記事表示リンク

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

包丁研ぎ講座を受講!

包丁の砥ぎ方を学んでおきたいなということで、実践包丁研ぎ講座というものを受講してきました!

申し込みをした際に持ち物として包丁、砥石、試し切り用の野菜を持ってきてくださいということでしたので、自分の牛刀とペティナイフ砥石、きゅうりを持って会場へ。

場所はよみうり文化センター
文化センター

7階で行うようです。
案内

エレベーターで上がっていくとありました。
案内 (2)

参加者は女性5名、男性は私を含め2名の計7名。
講師方は、この文化センターで和食を教えている方でした。

講座は説明と講師が実際にやって見せて、あとは自分たちでやってみるという感じです。

砥いだあとは、試し切りと飾り切りをいくつか教わりました。
が、簡単な飾り切りだったのに、私は全然うまくできませんでした_ _;)

自分でやって変な風に砥げると嫌だったので、牛刀だけは買ってから一度も研いだことありませんでした。
牛刀
で、砥いだあとの包丁ですが。。。
牛刀 (2)
案の定、均一でないのと左右のバランスが崩れたような気がします_ _;)

でも、とりあえず、砥ぐ前よりは明らかに切れ味はよくなりました^^
試し切り
ただ買ってすぐのころの切れ味までは戻っていないような気がします^^;

内容としては本やネットで調べれば出てくることでしたが、実際に砥いでいるところを間近で見られたことに受講した価値がありました^^

スポンサーサイト

リバーライト極 炒め鍋と油返し用のポット

我が家に新しい料理道具が加わりました。
リバーライトの22cmの極 炒め鍋です。
この極というシリーズは鉄製なのですが、から焼きがいらず、特殊熱処理を施しているので、極めて錆びにくいということです。
極炒め鍋

ちょっとしたものを焼いたり、炒めたりするのに使っていたテフロンの20cmフライパンのコーティングが傷ついてきたので買い換えです。
テフロン
今までありがとう!
今度の鍋は丈夫なので長い付き合いになりそうです。

もうひとつは油返し用のポットです。
ミルクポット

本来はミルクポットなのですが、とあるホームページに油返し用のポットにいいと紹介されていたものを買いました。
amazonにも「中華鍋の油返しに・・・」なんて書いてありますので、ミルクポットしてよりも油返し用に買っている人の方が多いのではないでしょうか?

----------
今日は風の強い中でしたが、近くの川の土手をちょっと歩いたときにタンポポの写真を撮りました。
タンポポ

タイトルとは関係ないのですが、せっかく撮ったので、とりあえず載せておきます。



かっぱ橋で牛刀とペティナイフを購入!

先日、行った浅草での買い物ネタをずーっと引っ張ってきましたが、それも今回で最後です。

今回は包丁を購入したときの話です。
お邪魔した店は釜浅商店。
釜浅

いっぱい包丁があって、どう選べばいいかわからなかったので、家庭で使う牛刀とペティナイフが欲しいことを伝えました。

すると、重さや握りやすさなどいろいろあるので、時間かけてもいいので、じっくり選んでくださいと言われ、牛刀が10本くらいだったかな?台に並べられました。
値段もさまざま、シンプルだったり、ダマスカスだったり、材質も違いそうです。

しばし構えたり、切る真似したり、高いのは却下で、3本までは、簡単に絞り・・・・・・、2本まで絞り込んだところで、そのあと結構、悩みました。

どっちもいいけど、残った2本、値段を見ると1.5倍くらい違う。。。
懐的には安い方に気持ちが傾きますが、切る真似をした感覚では高い包丁の方がなんとなくいいような気がする・・・・・・・よしっ!感覚を優先しよう!ということで、お店の方に選んだものを伝えます。

次はペティナイフです。
これも同じように出してくれました。一通り持ってみましたが、牛刀とお揃いがいいという気持ちを優先して同じシリーズに決めました。

ここまでかなりの時間をかけてしまったので、やっと決まったと思って待っていると、それらの包丁の新品を持ってきてくれましたが、3本ずつあります。

ん?と思っていると、同じ包丁でも微妙に違いますのでと、ここでもどれがいいかを選ぶことになります。

はっきり言って、持っても違いはわかりません・・・・・・が選ばなくてはなりません。。。

そして悩んだ末に選んだのが写真の包丁たちです!
包丁1

ブランドもなにも入っていない無名のシンプルな包丁になりました。

専門店で包丁を買うとなると、こんな感じなのでしょうか?

正直、ここまで選ぶことになるとは思わなかったです。
長くなるので書きませんでしたが、他にも選ばなければならないことがありましたし。。。

専門店なら、家庭用だとこんなのがいいとかアドバイスがもらえるだろうし、かっぱ橋なら安く買えるかなという感覚で行きました。
また、自分の包丁が欲しいと思っていましたが、料理人ではありませんし、そこまでこだわりを持っていた訳ではありませんでした。

もちろん、選ぶときは真剣に選びましたが、そんな感覚で行ってしまって、何だか申し訳ない気持ちになってしまいました_ _;)

ですが、念願の自分の包丁です!!
家に帰って、わくわくしながら、きゅうりを切ってみました!!
包丁c

切れ味は・・・・・・今まで使っていた包丁とは違う!・・・・・・感動です!!

ブランドの包丁より、安いはずですが、切れ味がよくて大満足です!!

チーズナイフ

うちにあるチーズナイフです。
チーズナイフ

柄の部分が気に入っています。
穴あきチーズのようになっていますので、先に紹介したエメンタールでしょうか。

先の割れているところはチーズを挿せるようになっています。
刃は付けられていないので、あまりかたいチーズは切りづらいです。

砥石を購入!

刃物類を研ぐために砥石を購入しました。
シャプトン 刃の黒幕 オレンジ#1000とエンジ#5000です。
砥石1

ケースが台になるので便利です。
設置するとこんな感じです。
砥石2
さっそく三徳包丁、ペティナイフ、革包丁を研いでみました。
切れるようになりましたが、もっとちゃんと研ぎ方を習得したいなと思いました。


 | ホーム |  »

インフォメーション

ご訪問くださり、まことにありがとうございます!
ごゆっくりしていってください。
少々コメントのお返しや訪問のペースが遅いと思います。
ご容赦ください。

検索フォーム

ブログランキング

もしお役にたちましたらクリックをお願い致します。

FC2Blog Ranking

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。